包茎手術を初めて検討している男性に

これから包茎手術をしようと検討している人にこそ知ってほしいことがあります。
初めてだからこそ、わからないこともあるでしょう。
どんなに風に手術を行うのか?費用についても疑問が湧くはずです。
また男性特有の悩みであり、男性器を診察されますので、羞恥心も計り知れないものがあります。
初めてだからこそ知っておいてほしいことがあります。

日本男児の7割が包茎

衝撃的な事実でもあります。
日本人の男性の7割が包茎と言われていますので、あまり心配する必要はないことがわかります。
ただ人によって悩みも異なるでしょう。
7割が包茎だとしても、改善しておいた方が良い人もいます。
たとえば重度の包茎であれば生活が困難になることも。
カントンほうけいとは亀頭を締め付けますので苦痛を感じることもあります。
また真性包茎であれば常に皮を被っている状態ですので、恥垢が貯まりやすく、包皮亀頭炎を発症することもあります。
またその他の性病や病気を悪化させる原因となり、特に尖圭コンジロームや尿道炎を悪化状態になりやすいことがわかっています。


コンプレックスは解消を

男性同士で温泉に行くときに包茎であることが恥ずかしいので、タオルを手放すことができない人もいます。
日本人男性の7割が包茎だとしても、その3割は剥けていて、その人物がいればなかなか表に出しづらくなります。
またセックスのときにもそのコンプレックスを感じることがあります。
セックスによるデメリットは臭いと早漏です。
恥垢が貯まりやすくなることで予期せぬときのセックスに対応できないことも。
また通常時の亀頭は皮で守られていますので、刺激に強くありません。
性行為の時に剥ける仮性包茎であっても、その刺激に耐えられず、つい発射ということもあります。
また剥けていないことがパートナーに知られることを恐れて、アプローチできなくなることも考えられるはずです。

恥ずかしさはある?

包茎手術を受けるときに恥ずかしさを感じる男性が圧倒的に多く、それが影響してなかなか踏み切れない男性の方が多いです。
大抵クリニックの受付は綺麗な女性が多く、また看護師が女性であることを考えてしまいます。
多くの男性はこのような負のイメージばかりを抱いてしまいがちですが、最近のクリニックはそのようなことまで配慮しています。
電話予約から受付まで男性であり、クリニックのなかに女性がいないところも。
そのような場所であれば、男性が求める安心して手術を受けられる体制が整っていると言えるでしょう。
また執刀医となる医師も深いことを考えていませんので、恥ずかしさを感じる必要がありません。
ただ包茎に特化したクリニックを選ぶことは大切です。
専門クリニックを選んでください。

手術の方法

大きく分けて3つに分けられます。
ひとつは余っている皮を切除して縫い合わせる方法、ふたつめがカリの下で縫合して固定する方法、3つ目が固定する方法です。
どちらにもメリットとデメリットがあり、個人の包茎状態によって変わってきますので、一番優れている手術方法は医師の判断によります。
だからこそ専門クリニックを選ぶことに価値があります。
カウンセリングをじっくりとして、医師と患者の意思が一致した手術方法を選ぶようにしましょう。

初めてだから知りたい流れ

まず良いクリニックを選んでください。
インターネットがありますので「包茎」と検索すればたくさんのクリニックが出てくるはずです。
まず包茎を専門に扱っているクリニックから絞っていきましょう。
そこから費用の問題と女性スタッフの有無、そして来院することができる地域にあるクリニック等絞って選ぶと良いでしょう。
手術時間は30分ほどですが、カウンセリングとアフターケアなどがありますので、2〜3時間はかかると見込んでください。
クリニックによっては違いがありますが、そのくらい掛かります。

費用について

10万円ほどは見込んでおいた方が良いです。
ただ男性の悩みということでクリニックも利益を出すためにいろんな設定をしています。
若い人であれば割引、遠くから来院すれば何円引きとありますので、そのような点からも選ぶと良いでしょう。
また残念ながら保険を使うことができませんので、それを理解しておいてください。
特に始めては何でも緊張をするものです。
ただ一度手術を受ければ、それでコンプレックスは解消され、男としての自信を持つこともできます。
一度の勇気が、包茎の悩みを解決することができます。

更新情報